外資系転職をアプリ利用する時にかかる費用

ハイクラスの人をターゲットとしたアプリは月会費が掛かることも

管理職経験者や技術系の有資格者など、外資系転職を希望するハイクラスの人しか利用できないアプリの中には、月々数千円から一万円程度の会費の支払いが必要となるものもあります。こうしたアプリは、求人検索の画面が見やすいものや、企業からのスカウトの機能が備わっているものもあり、効率良く希望条件に合う外資系求人をチェックしたい人に向いています。また、有料のアプリを初めてダウンロードする時には、アプリの提供元によって、一週間から一か月ほど格安料金で利用できることもあります。なお、外資系転職の際にアプリを使ったことがない人は、登録後のフォローが優れているものや、問い合わせの対応がスムーズなものを試しに選んでみましょう。

基本的な機能に限り無料で使用できるアプリが多い

大手人材紹介会社が配信している転職活動に特化したアプリは、求人票の閲覧や求人先への問い合わせなど基本的な機能に限り無料で使用できるものが多くあり、外資系転職を希望するビジネスマンから支持されています。そこで、極力お金を掛けずに転職活動をしたい人は、無料の機能のが充実しているものや、条件が良い求人をリアルタイムで紹介してくれるものを選ぶことがおすすめです。また、アプリによっては国家資格を持つコンサルタントに転職相談ができるサービスもあり、一回あたり五千円未満でプロに転職に関する悩みを聞いてもらうこともできます。相談料金はアプリの配信元の方針やそれぞれのコンサルタントの実績によるため、地道にいくつかのアプリの料金相場をチェックしましょう。